パールネックレスの選び方

こんにちは。カラーアナリストのタカギキョウコです。
いつもご挨拶を忘れて本文を書いてしまうので、今回は忘れずに…。
いよいよ、パーソナルカラー診断募集の準備が進んできました。今の予定では16日にはご案内できそうです。
それまでに、自己紹介の記事とかも順次アップしていきます。実は書いたつもりで書いてなかった自己紹介…。
16タイプ・パーソナルカラー診断にご興味おありの方、大阪天満橋にお越しになれる方、今回はモニター価格で6枠のみご案内しますから、ぜひよろしくお願いいたします!ご案内記事をアップしたらツイッターでも報告させて頂きますね。
では、今日の本題、パールネックレスの選び方に入ります。
今回も長い記事になりますよ。

f:id:Esther51:20190812154752j:plain
色んなレングスをご紹介

最初のパールは定番のチョーカーやプリンセスレングスがおすすめ

はじめに断っておきますと、私は真珠屋さんではありませんので、選び方とはいってもこちらの記事では真珠の種類や巻きとか照りには触れません。

色に関しては、パーソナルカラーの観点からいえば、同じ白は白でもスプリングやオータムの方は少し黄みがかったぬくもりのある白を、サマーはオフホワイトやピンクがかった白を、ウィンターさんには純白に近いホワイトがお似合いかと思います。ただ、オータムの方もお似合いになるとはいえ、あまりゴールドよりの白だとブラックフォーマルに使いにくくなりますし、使用目的に合わせてお選びになるのが賢明です。今日の話は主にパーソナルデザインの観点からのパールネックレスの選び方になります。

さて、私が初めて買ったパールネックレスは、マイファーストジュエリー。

6月生まれなので昔からパールには憧れがあり、まだ20代だったのでミキモトさんの値段には躊躇してしまい、TASAKIのチョーカーを購入しました。

f:id:Esther51:20190812141540j:plain
8.5ミリ珠で43センチのオフホワイト いわゆる「プリンセスレングス」

当時はパーソナルカラーも骨格診断も、まだ言葉さえ知りませんでしたが、お店の人に試着させてもらううちに、自分には純白が似合わず、オフホワイトかピンクがかった白が似合うということは段々分かってきました。

私は前回の記事でもお話した通り、「首が太く短い人」です。このため40センチ以下のチョーカーは似合わないというか、苦しくて物理的に難しい。ですから、最低でも43センチは必要です。また、骨格自体は標準ですが、体に厚みがあるので、若くても繊細なサイズの珠が似合わず、7~8ミリが程よく感じました。

結果的に、この時購入したプリンセスレングスは、冠婚葬祭や教員時代の入学式・卒業式、自分自身のウェディングでも大活躍してくれました。また、顔のすぐ近くに白いパールの連があると、レフ板効果と言いますか、顔を明るく華やかにしてくれる気がします。

そうした自分の経験から、最初に購入されるパールネックレスは、短めのレングスがおすすめです。ただし、お葬式には「何も付けたくない」「黒真珠かジェットを付けたい」という方や、「フォーマルでも他人と同じは嫌」という方だと少し出番が減るので、別のレングスのネックレスにお金をかけた方が良いと思います。

「首が長く細い人」にはあご下の長さをさらに強調するプリンセスレングスよりは、チョーカーレングスが美しく映えるでしょう。また、細くとがった顎、または面長を気にされている方にも、横のラインを強調してくれるチョーカーレングスは体型カバーとしておすすめです。

標準身長だけど大きいサイズさんにはオペラレングスがおすすめ

「標準身長だけど大きいサイズの人」、つまり…ええ、私のことです。骨格診断と出会う以前から、私が一番愛用していたのはオペラレングスでした。あとは、人に見られる立ち仕事の職業だったことも関係しているとは思いますが、私にとって一番バランスが取りやすく、使いやすいのはオペラレングスでした。

ただ、持っていたのは華奢な義祖母から頂いた6ミリ珠の貝パールと、若い頃大柄だった高身長の叔母から頂いた10ミリ珠の人工パール。一番欲しかったサイズ、8ミリ珠のヴィンテージマジョリカパールの78センチのオペラレングスを最近ゲットしました。

f:id:Esther51:20190812150425j:plain
真ん中が一番自分に合う8ミリ珠
これにあわせて、6ミリ珠は60センチのマチネーレングスへ、10ミリ珠は70センチの短めオペラレングスに調整してきました。
というのも、80センチ近くあると、ジャケットなしで身に付ける分にはちょうど良いのですが、ジャケットとは合わせにくいという欠点があります。ただし、この長さは60センチ未満のネックレスとの重ね付けを楽しむこともできます。
f:id:Esther51:20190812151743j:plain
約80センチのオペラレングスはワンピース単体やセーターに合わせやすく便利
f:id:Esther51:20190812150528j:plain
ノーカラージャケットに合わせて調整した70センチのオペラレングス

今流行のマチネーレングスはデコルテの開き具合に注意

では、「標準身長だけど大きいサイズの人」にはマチネーレングスが似合わないのでしょうか。いえ、そんなことはありません。ただ、合わせる服に少し注意が必要です。
前回の記事でマチネーについてはくわしく書きましたが、最近の60センチという長さは、わりと体型問わずどなたにも合いやすい長さです。
esther51.hatenadiary.jp
ただ、デコルテの開き具合によっては(特に夏服)、珠が見え隠れしてしまったり、ネックラインの形とUの角度が違って微妙だったりということに気をつける必要があります。首のつまった服、特にタートルネックとの相性が良いです。あるいは完全に肌に乗るくらいデコルテの開いた服でも良いでしょう。半々ずつ肌と服に乗ってくれる場合は良いのですが、バランスが悪い乗り方をする場合もあります。ただ、襟付きのジャケットやブレザーと合わせるとオシャレだなあと思います。

f:id:Esther51:20190812153821j:plain
マチネーは首のつまったTシャツや襟付きジャケットとも相性が良い

ロープレングスには直線を強調する効果あり

少し前に流行した120センチのロープレングスはどうでしょうか。あれは本来ならば、身長の高い人、直線的なラインが得意な人におすすめのレングスです。
現に私はミキモトの120センチ5.5‐6.0ミリ珠を購入しましたが、どうしてもうまく使いこなせず、結局ミキモトに持っていって、自分の身長でぎりぎりバランスを取れる長さ…102センチに調整してもらい、残りをブレスレットにしました。珠が小さいこともありますが、それでもやはり私の体型では難しい丈です。
ただし、長いネックレスには実は体型カバーの効果もあります。例えば次の写真。

f:id:Esther51:20190812160210j:plain
ロープレングスはIラインのワンピースも相性が良い
シンプルなIラインに合わせると、ロープレングスは縦のラインを強調してくれてすっきり見えます。ジャケットを合わせるとしたら、ジャケット丈なども色々考えなくてはなりませんが、すっきりワンピースだけで着るなら「標準身長だけど大きいサイズの人」にもおすすめです。またこれ位長さがあると二重にして華やかにアレンジも可能です。どうしてもジャケットを着用したいときは、このアレンジでどうぞ。
f:id:Esther51:20190812160925j:plain
小さな珠でも二重にすることで華やかさをプラスできます

体型カバーで使えるVネックとパールネックレス

一般に、私のような丸顔は直線的なスクエアネックやVネックがあまり得意ではありません。
しかしながら、実はVネック、私のように「首が太く短い人」や「ふくよかな人」にとって体型カバー効果がある有難いネックラインでもあります。
また、大きいバストにコンプレックスをお持ちの方にもすっきり見せてくれるVネックがおすすめです。

まあ、そんな訳で私はVネックをよく着る訳です。でも、めちゃくちゃ丸顔。
そんな人にも、実はパールネックレスが効果を発揮します。デコルテの開き具合さえクリアできれば、Vネックと顔の間にパールネックレスの曲線が緩衝材となり、直線の強さを和らげてくれるのです。写真のサマーニットはかなりVネックラインが深いので、マチネーレングスを合わせてみました。あごの下に空間ができることで、短い首を長く見せる視覚的効果もあったりします。

f:id:Esther51:20190812152345j:plain
ネックレスで曲線を補う

だいぶ長い記事になってしまったのですが、大好きなパールネックレスについてたくさん語れたので、私は満足です(笑)。